Ham's Life 4186

MapCat.info - 簡単ソーシャルマップ (続き)

(前回の続き)

廃案寸前だった『みんなのまち』プロジェクトですが、なんと、ヤフー社の開発の人たちが遅刻してやってきたのです!
各プロジェクトの人数をおおよそ均等にするということで、彼らは半強制的にウチのプロジェクトに。。。

優秀な人たちで、翌日にはヤフー社のデザイナーも入ってきて、作業がどんどん進んでいきます。
気が付けば、何だか発注者(私)と受注者(ヤフー)みたいな関係になっていました。
何がいけなかったんでしょう? 
作業は進んでいるのに、まるで一体感がありません。
たぶん、熱くうっとうしくビジョンを語れば良かったのかもしれませんが、そういうの苦手・・・・。
自分は起業家にはなれないと悟りました。

短期間のハッカソンではサンプル程度までしかできず、その後しばらくは連絡を取っていたんですが、開発を継続していくことはありませんでした。

空しい気持ちを抱えたまま2,3か月過ぎた頃、ハッカソンの反省会みたいなイベントがありました。
主催のGoogle(の中に人たち)としては「インターネットの底力を見せるんじゃーっ」と気合を入れて開いた(と思う)ハッカソンから、なかなか成果が上がらないため、各プロジェクトの尻を叩こうと思ったみたいです。
『みんなのまち』プロジェクトに諦めきれない何かを感じていたので、プロジェクトは頓挫しているにもかかわらず、私はプロジェクト代表としてこのイベントに行きました。
ここで、プロジェクトは意外な展開を迎えるのです・・・・

(続く)

スポンサーサイト

MapCat.info - 簡単ソーシャルマップ

みなさま、ごぶさたしています。(生きてました)

このたび、新しいWEBサービスを公開しました。

MapCat.info - 簡単ソーシャルマップ

これはですね、地図上にキーワードに関連したメッセージを書けるサービスです。
地図版Twitterみたいな感じです。

今のところマニュアル的なページがないので、直観で使えるかわかりませんが・・・とにかく公開してしまわないと、ずるずる怠けてしまうので・・・
当然、アルファ版です。

とりあえず、こんな感じで案内地図でも作ればいいのかな。

ディズニー情報

ゆるい作りなので、自分でもベストな使い道がわかっていません。

なぜ、このサービスを作ったかというと・・・

もともとは、東日本大震災直後のgoogle主催のHack4jpから始まっています。(2011だから、もう6年も前だよ~)
これは、震災復旧や、『次』に備えたITサービスをひねり出そうというハッカソンでした。
このとき私が発案したプロジェクトが、『みんなのまち』プロジェクトでした。

街の比較的軽微な被害を、市民の皆様に投稿してもらい、自治体の効率的な復旧に役立てよう、というアイデアです。
要するにこのサイトみたいなものです。
https://www.fixmystreet.jp/

なんと! わたしがうだうだしている間に誰かが作ってたんですね(でも気付いたのは割と最近です)。
これ、良くできてますね。よかったよかった。

で、ハッカソンですが、プレゼン能力の乏しい私のアイデアにはメンバーが一人しか集まらず、プロジェクトは廃案の危機でした。
ところが!

(続く)