Ham's Life 4186

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モバイル見積もり勉強会」のお題をFP法で見積もってみる。

「スマホアプリを新規作成したらいくらかかる?モバイル見積もり勉強会 #モバイル見積」
に参加してきました。結果はこちら。
「カレー屋チェーン店公式アプリの仮想案件をみんなで見積もってみた #モバイル見積」

全チームの見積もりから最大・最小値を除くと、ほぼ300万円台で横並びとなり、私のいたFチームも製造コストのみの積算だと、そのあたりになります。
顧客に対する見積もりとしては、その2~3倍で、しかし1000万は超えるべきではない、といったところでしょうか?
モバイル開発の相場が垣間見えた気がします。

私自身はモバイルの開発経験がないため、技術要件からコストを推測することが難しく、ほぼ戦力外。
そこで後付けになりますが、技術要件がわからなくても見積もりができる(かもしれない)、FP(ファンクションポイント)法で見積もってみたいと思います。
といっても、以下の書籍を読んだだけで、全然経験ないんですけどね。



まず、下記より計算用のexcelシートを落としてきます。
http://leftpudding.github.io/Function-Point-Spreadsheet/

入力結果がこちら。
FP計測

下記のページよりFPから人月換算。
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/sasa/hyoryuki/fp/fp.html

53.5/4.17=12.8

約13人月となり、今回の勉強会の人日(40000円)で計算すると、
約1040万円となります。

ちょっと高い気もしますが、大手が提示する金額としてはこんなところかもしれません。
問題点としては、
・i-OS/Androidの複数プラットフォームの開発が反映できていない。Androidだけの開発でも同じ工数になってしまう。
・サーバAPIの扱いがよくわからず(外部テーブル参照とみなして良いのかどうか)
・FPから工数への換算にいろいろな方法があり、どれを選んで良いかわからない。今回は面倒なので、単純に4.17を掛けてしまったけど、これはやはり無茶だった。参照テーブルが一つ増えると1人月増えてしまう。非機能案件のパラメータを細かく設定できなければ、とても精度は望めないだろう。組織的な取り組みを重ねるか、それができなければこういうのが必要になってしまう?
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1005/19/news02.html

印象としては、FP法+αだけで見積もりは怖くてできないが、既存の見積もりを検証・補完するには使えそう。特に規模の数値化は、意義があると思う。

しかし、私のFP計測合ってんのかな・・・

スポンサーサイト

Windows~終わりの始まり

最近、深い感慨(感銘ではない)を受けた記事がこちら。

日本人を前進させた2か月間、IT界のトキワ荘「ブレークスルーキャンプ2011」が終了

「12チームの詳細は公式ブログを見てもらえればと思うのだが、日本マイクロソフトがプラチナスポンサーなのにも関わらずほとんどがiPhoneアプリ。しかし、マイクロソフト 石坂 誠氏は、マイクロソフト社のミッションを掲げ「そんなことはこだわらない」と熱く語った。」

薄々気づいていたことではあったけど、WindowsもWindowsアプリも、エンジニアが情熱を傾ける対象ではなくなってしまったことを実感しました。
仕事でしか開発しないプラットフォーム。
自分だって、個人的なプロジェクトの対象としてWindowsアプリを選ぶことは2度とないでしょう。
6年前のTapur開発時でも、SkypeがあったからこそWindowsアプリを選択しましたが、そうでなければWebアプリかLinuxアプリを選んでいた。
この感覚は、今ではエンジニア全般に広がっているのだと、確信しました。

Windowsのシェアは絶大で、ITビジネスの中心を占めています。
衰退には長い時間がかかるでしょう。(そうでもないかな?)

タイトルは、塩野七海の『ローマ人の物語』から。
ローマ人 vs ゲルマン人
帝国 vs ファウンデーション
このメタファーでわかってほしい。


Googleからオファー(?)の来るプロフールの書き方

ある日、Googleのリクルータから連絡があり、電話面接を受けることになりました。
何故、自分にコンタクトを取ってきたのかさっぱりわからないのですが、先方はLinkedInのプロフィールしか見てないようなので、私のプロフィールを公開して、Googleに就職したい方の参考になれば、と思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------
Summary

Application Developer, Consultant, and Architect in a wide variety of IT systems. Particularly interested in GIS using ESRI ArcGIS products, and personal CTI using Skype.
I have also experience of development using ERDAS IMAGINE.
And I have skill for Web application(ASP, java, Perl, javascript, etc), DB application(Oracle, PostgreSQL, Access, etc), Skype, Asterisk, and more.

Specialties
I'm developer for Tapur (Recorder and Answering agent for Skype) freeware.
This is best popular recording software for Skype in Japan.
Experience

President
PAAK Software Co.,Ltd
Computer Software industry
December 1997 – Present (12 years 8 months)

Education

Tokyo University of Science
university Physics
1984 – 1989

Activities and Societies: Writing
---------------------------------------------------------------------------------------------

こんなんで、いいらしいです。
Googleの面接は、受けるだけなら敷居が低そうなので、就職希望な方はとりあえずLinkedInですかね。

で、面接の方ですが、「英語が得意でない」と言うと、「それではちょっと・・・」ということになり、終わってしまいました。これは、LinkedInに英文で載せていた自分が悪かった、と思います(英語もできるエンジニア、と誤解させてしまった)。
ただ、今回はプロダクトマネージャの勧誘だったので英語必須ですが、ソフトウェアエンジニアの場合はそれほど英語力は問われないそうです。

10年以上独立してやっているので、Googleのブランドだけでは就職するモチベーションにはならず、消極的な面接になってしまったのですが、今思うと、英語のことは適当にごまかして、会社(と食堂)を覗きに行ってみれば良かったなあ。
しかし、私のプロフィールを特徴づけているGISとSkype/Tapurについて、何のつっこみもなく(というかGISについて調べてさえいないような・・・)、本当に、なんでコンタクトを取ってきたんだろう?

ところで、Tapurの次期ベータ版をそろそろ出します。
冬眠するはずだったのですが、その辺のいきさつは次回に。

ドメイン(paak.co.jp)を手離します

私はパークソフトという有限会社をベースに受託開発を行うのが本業ですが、そのドメイン(paak.co.jp)を手離すことにしました。
会社を畳むわけではないのですが、企業としてブランディングされているわけでもなく、WEB経由で仕事を請けることもないので、毎年数千円払って維持する理由もなくなってきたからです。
たいした金額でもないので保持しつづけてもいいのですが、何だか未練たらしい気がして、スパッと止めることにしたのです。

実に10年もの間、このドメインを維持してきたことになります。
最初は毎月7万円もするOCNエコノミーを引いて、自社サーバで運用していました。
多少の野心もあり、インターネット関連のビジネスを模索してゴニョゴニョしてたのですが、実を結びませんでした。

ところで、「paak.co.jp」って、ドメインとしてはシンプルでいいと思いませんか?
手離すとはいえ、変な人に取られるのはあまりいい気持ちがしないので、どなたか取得しませんか?
今月末で期限が来る予定です。

試しに実名をさらしてみる

巷では、インターネット上(に限らないかもしれないが)の活動(記述)を、実名で行うか匿名で行うかで言い争っているようだ。
正直、批判を書く時も含めて本人の自由だと思うが、それが潔くない、自分の意見はちゃんと実名をさらして言うべきだと、考える人もいるらしい。匿名を主張する人は、主に(リアルな)セキュリティが理由みたい。
そこで、実名をさらしてみたら、どうなるか。
ちょっとやってみよう。
で、

『山本達也』


これが実名です。

・・・残念ながら、平凡なんだよね、実名が。
高校生の時、同姓同名がいたくらい。
ネットで検索して出てくる『山本達也』はほぼ全て別人なので、攻撃する場合は間違えないでほしい。
変わった名前の人が羨ましい。『小飼弾』とか・・・
少しひねってみてもいいと思うが、『やまもとたつや』とか『ヤマモトタツヤ』では、誰かのマネっぽい。
インターナショナルに『Yamamoto Tatsuya』でいくか。
地味だな~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。