Ham's Life 4186

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モバイル見積もり勉強会」のお題をFP法で見積もってみる。

「スマホアプリを新規作成したらいくらかかる?モバイル見積もり勉強会 #モバイル見積」
に参加してきました。結果はこちら。
「カレー屋チェーン店公式アプリの仮想案件をみんなで見積もってみた #モバイル見積」

全チームの見積もりから最大・最小値を除くと、ほぼ300万円台で横並びとなり、私のいたFチームも製造コストのみの積算だと、そのあたりになります。
顧客に対する見積もりとしては、その2~3倍で、しかし1000万は超えるべきではない、といったところでしょうか?
モバイル開発の相場が垣間見えた気がします。

私自身はモバイルの開発経験がないため、技術要件からコストを推測することが難しく、ほぼ戦力外。
そこで後付けになりますが、技術要件がわからなくても見積もりができる(かもしれない)、FP(ファンクションポイント)法で見積もってみたいと思います。
といっても、以下の書籍を読んだだけで、全然経験ないんですけどね。



まず、下記より計算用のexcelシートを落としてきます。
http://leftpudding.github.io/Function-Point-Spreadsheet/

入力結果がこちら。
FP計測

下記のページよりFPから人月換算。
http://www.dab.hi-ho.ne.jp/sasa/hyoryuki/fp/fp.html

53.5/4.17=12.8

約13人月となり、今回の勉強会の人日(40000円)で計算すると、
約1040万円となります。

ちょっと高い気もしますが、大手が提示する金額としてはこんなところかもしれません。
問題点としては、
・i-OS/Androidの複数プラットフォームの開発が反映できていない。Androidだけの開発でも同じ工数になってしまう。
・サーバAPIの扱いがよくわからず(外部テーブル参照とみなして良いのかどうか)
・FPから工数への換算にいろいろな方法があり、どれを選んで良いかわからない。今回は面倒なので、単純に4.17を掛けてしまったけど、これはやはり無茶だった。参照テーブルが一つ増えると1人月増えてしまう。非機能案件のパラメータを細かく設定できなければ、とても精度は望めないだろう。組織的な取り組みを重ねるか、それができなければこういうのが必要になってしまう?
http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1005/19/news02.html

印象としては、FP法+αだけで見積もりは怖くてできないが、既存の見積もりを検証・補完するには使えそう。特に規模の数値化は、意義があると思う。

しかし、私のFP計測合ってんのかな・・・

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。