Ham's Life 4186

「YouTubeのビジネスモデルを考える」の宿題

7/7のイノベーション勉強会「YouTubeのビジネスモデルを考える」に参加することにしました。
そこで、宿題があるそうな。

■YouTubeの強み及び弱みは何だと思いますか?

強みは、ビデオ集積サイトとして唯一のブランドを確立したこと。
コストを考えれば今までなら手が出しにくいジャンルだが、米国のWeb2.0景気のおかげで資金が流入したと思う。早い者勝ちのジャンルで、勇気を出して早く始めたことが偉かった。

弱みは、技術的な難易度が低いこと。
資金があれば誰でもできるので、ブランドと資金のある競合相手には追撃される。
もう一つ、コストほどの収益を上げられるか不明な点。

■YouTubeにはどのような収益機会があると思いますか?

GYAOと同様、パーソナライズされたビデオCMを流す。ユーザは見たいビデオのためなら、我慢してCMを見るだろう。その間、画面に注視しているわけで、ブランディング効果は高い。
問題は、これまでCMを導入していなかったので、導入時の反発が大きいこと。
また、投稿ビデオが中心では質が維持できないため、CMのせいでユーザ数が減るかもしれない。
また、ビデオの内容を把握しきっていない(という建前で不正で魅力的な作品を削除しきっていない)という理由で、正確なターゲティングが難しい。
要するに、GYAOほど管理されていないので、GYAOのようにはできない。

■あなたがYouTubeのCEOだったら、何を目標とし、どのような事業展開を行いますか?

売却によるEXITを目指す。
表向きは提携によるプロのコンテンツを増やし、一部のビデオに課金やCMを適用する。

こんなところかな。
サーバの高機能化と低価格は進んでいるが、回線幅はそれほどのペースでは進化しないので、「今は」採算を取るのは難しい、とみなしてしまっている。
しかし、将来まで耐えれば巨大ビジネスになる・・・と思わせて高く買ってもらう戦略だと思う。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック