Ham's Life 4186

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀行と信用金庫

Skype Conferenceの記事を漁っていた時に見つけた「35歳名古屋人の人生改造日記」(http://plaza.rakuten.co.jp/nagoyajin/)。
スカイプを使った起業を目標にしているそうですが、起業に向けた試行錯誤の過程が描かれ、自分が会社を立ち上げた時のことを思い出しながら、興味深く読みました。

会社の登記の際には、出資金を引き受けてくれる金融機関が必要ですが、私の時と同様、名古屋人さんも大手都市銀行に断られ困っている様子。
出資金の引き受けといっても資本金を預けるだけなので、何故そんなに厳しいのかわかりませんが、都市銀行は資産や取引実績がないと引き受けてくれません。
私の場合、結局、出資金の引き受けをしてくれたのは地元の信用金庫でした。都銀の管理職クラスの人(この手の話になると奥から出てきます)に、丁寧な言葉で冷たくあしらわれた後では、地元の信用金庫の方の親切な対応には非常に感動し、感謝したものでした。
この経験は、テレビのCMなどで刷り込まれたブランドに安易に従っていた自分の考え方を見直すきっかけになりました。それと同時に「地域」というものに目を向けるきっかけにもなりました。
地域で回せるお金はなるべく地域で回した方が、活力のある住みよい街になるはずです(地域マネーの考え方)。
もちろん地域内ですべての経済活動が回るはずもなく、地域外の経済活動についてはグローバルな流れを意識せざるをえません。しかし、誰が製造し、誰が販売し、誰が利益を得ているのか、を意識することによって、地域(ローカル)と共存できるグローバルを選択できるはずです。
六本木ヒルズにオフィスを構えるより、田舎の廃校を改造した会社から世界に向けて発信する方がよっぽどカッコイイと思いますし、それが自分の理想です。(しかし、理想はまだ遠い・・・)


名古屋人さんも読んでくれているかもしれませんので、私が会社立ち上げした時の節約ポイントを書いてみます。(ほとんどご存知かもしれませんが)
・登記するまでなるべく買わない(登記後は資本金で買える)
・車やPCなど現物出資する
・印鑑は柘などの木製の方が安い(全部で1万円しなかったと思う)
・机や椅子は中古で
・電話など、個人契約の方が安いものは個人で契約
・経理は経理ソフトで行い、決算のみ税理士さんに依頼
資本金があるので、最初はいい物を買ってしまいがち。自分の時もおしゃれな机を買ってしまい、ちょっと反省しました。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして。
トラックバックありがとうございました。

私の日記をご覧になっていただいて、しかもこのたびは大変有益な情報をいただき、感謝の言葉もありません。
いただいた情報は一つひとつかみしめています。

特に「地域に目を向ける」という箇所には大変感銘を受けました。
私も早速信用金庫をあたってみます。

良い気づきをありがとうございました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

nagoyajin | URL | 2005年09月15日(Thu)10:44 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あなたの街の『信金』

信用金庫信用金庫(しんようきんこ)とは、日本において預金の受け入れ、資金の移動や貸し出し(融資、ローン)、手形の発行などを行う金融機関の一つである。信用金庫法によって設立された法人で、信金(しんきん)と略称される。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Q
[続きを読む]

あなたの街の『信金』 | 2007年05月23日(Wed) 17:58


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。