Ham's Life 4186

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleからオファー(?)の来るプロフールの書き方

ある日、Googleのリクルータから連絡があり、電話面接を受けることになりました。
何故、自分にコンタクトを取ってきたのかさっぱりわからないのですが、先方はLinkedInのプロフィールしか見てないようなので、私のプロフィールを公開して、Googleに就職したい方の参考になれば、と思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------
Summary

Application Developer, Consultant, and Architect in a wide variety of IT systems. Particularly interested in GIS using ESRI ArcGIS products, and personal CTI using Skype.
I have also experience of development using ERDAS IMAGINE.
And I have skill for Web application(ASP, java, Perl, javascript, etc), DB application(Oracle, PostgreSQL, Access, etc), Skype, Asterisk, and more.

Specialties
I'm developer for Tapur (Recorder and Answering agent for Skype) freeware.
This is best popular recording software for Skype in Japan.
Experience

President
PAAK Software Co.,Ltd
Computer Software industry
December 1997 – Present (12 years 8 months)

Education

Tokyo University of Science
university Physics
1984 – 1989

Activities and Societies: Writing
---------------------------------------------------------------------------------------------

こんなんで、いいらしいです。
Googleの面接は、受けるだけなら敷居が低そうなので、就職希望な方はとりあえずLinkedInですかね。

で、面接の方ですが、「英語が得意でない」と言うと、「それではちょっと・・・」ということになり、終わってしまいました。これは、LinkedInに英文で載せていた自分が悪かった、と思います(英語もできるエンジニア、と誤解させてしまった)。
ただ、今回はプロダクトマネージャの勧誘だったので英語必須ですが、ソフトウェアエンジニアの場合はそれほど英語力は問われないそうです。

10年以上独立してやっているので、Googleのブランドだけでは就職するモチベーションにはならず、消極的な面接になってしまったのですが、今思うと、英語のことは適当にごまかして、会社(と食堂)を覗きに行ってみれば良かったなあ。
しかし、私のプロフィールを特徴づけているGISとSkype/Tapurについて、何のつっこみもなく(というかGISについて調べてさえいないような・・・)、本当に、なんでコンタクトを取ってきたんだろう?

ところで、Tapurの次期ベータ版をそろそろ出します。
冬眠するはずだったのですが、その辺のいきさつは次回に。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

履歴書の書き方の見本 | URL | 2010年08月05日(Thu)12:03 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。