Ham's Life 4186

スカイプとプライバシー

Tapur0.930版をリリースしました。
前回のリリースから2ヶ月以上経ってしまいました。
今回、見た目はほとんど一緒ですが、内部的には音声処理にかなり手を入れました。
もともと留守版電話を想定していたため、前バージョンでは長時間録音・再生が重く不安定でした(要するに先見性がなかった・・・)。
これをストレスなく行えるように書き換えました。
スカイプの通話を録音してPODCASTされる方も多いようですし、そうした用途に使えれば、と思います。音声メモとしても使えますね。

で、本題です。
このようなソフトウェアを開発していると、プライバシーの問題は避けられません。
スカイプ上で会話を行い、それを録音した場合、その音声ファイルは誰のものか、というと、音声ファイルそのものは録音した人のものかもしれませんが、そこに記録されたデータは、やはりその声を発した人のものだと思います。法律的な判断を持ち出すまでもなく、「私の声は私のもの」「私の顔は私のもの」(ビデオの場合)と、直感的に誰もが思うはずです。
ですから、その声の持ち主に許可なく、その人の声をポッドキャスト等で公開するのは、プライバシーに反するように思います。

Tapurのような録音ツールも、そのような常識的な判断を踏まえて使って欲しいと思いますが、現状では相手に内緒で録音を行い、勝手に公開することも可能です。
録音開始の通知を強制的に相手に発信する機能を付ければ、抑止効果はあるでしょう。
実際、以降のバージョンでこの機能の組み込みを検討しています。
しかし、録音開始の通知が来たりすると、何だか身構えてしまうし、窮屈ですよね。

通常誰かがナイフを使って殺人を犯した場合、裁かれるのはその人であって、ナイフメーカが裁かれることはありません。しかし誰かが銃を使って殺人を犯した場合、その人が裁かれるのは当然として、最近では銃メーカも責任を問われつつあります。
殺人は極端な例ですが、P2Pネットワークが不正な音楽ファイル交換の責任を問われているのは、今後は悪用されたツールがその犯罪について必ずしも免責されない可能性があることを示唆しています。
録音ツールによる音声の公開が重大な名誉毀損や情報漏えいに繋がることはありえます。
そのような事態を想定して、ツールの開発者はツールに予防的な機能を付けることが望ましいのでしょう。
ただ、何だか釈然としないのも事実です。
「のび太のものはのび太のもの」であり、やっぱりジャイアンのものではない、という常識的な判断を誰もが持てれば、あらゆることがもっとシンプルになるのに。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

初めまして。早速使ってみました。

録音は非通知を選択できたほうが言質を取る的な使い方(微妙な話ですが)
ということもできてよいのでは…なーんて考えるのは
かなりネガティブな考え方でしょうか(苦笑

zein | URL | 2005年11月28日(Mon)16:28 [EDIT]


コメントありがとうございます

zeinさん、コメントありがとうございます。
確かに、取材や証言の録音に使う場合は、通知は邪魔になります。
この件については、最後まで悩むことになりそうです。

山本@Tapur | URL | 2005年11月29日(Tue)18:03 [EDIT]


使用させて頂こうかと思っている者です。

失礼な質問かも知れないですが、どうかご容赦下さい。
プライバシーについてですが、このソフト(Tapur)自身に外部へ漏らすような機能は組み込まれていますか?
インストールして、Skypeにアクセス許可を求めますよね?
もし許可をして、このTapurに所定の場所に送信するようなプログラムが組み込まれてたら、会話(ビデオ含む)がSkype経由で送信されてしまいますよね?Skype側には許可してしまっていますし。。。

こういうソフトの構造を100%理解しているワケではないので、失礼にとられてしまったのなら申し訳ございません。
録音(録画)するだけなのに、何故Skypeに接続許可を求められるのかが、疑問です。
というより、怖くて出来ませんでした。

録音(録画)したファイルが流出してしまうのは、記事の通りですが、上記のようにTapur自身が勝手に流出させた場合の保障(またはTapurが外部に流出させる事は絶対ありえないという保障)はございますか?

| URL | 2006年05月20日(Sat)04:09 [EDIT]


Skypeのアクセス許可について

こんにちわ。
Skypeと連携ずるプログラムはTapurに限らず、全て同様のアクセス許可を求められます。
これは不正な連携プログラムの実行を排除するためのSkype側が提供するセキュリティ機能です。
Tapurには録音(録画)したファイルを流出させるようなプログラムは含まれていませんが、セキュリティホールが100%存在しないと保証することはできません。
Tapurを使用して万が一損害が生じた場合も、保障することはできません。
しかし、このような免責事項は市販されているほとんどのソフトウェア製品(Windows等のメジャーな製品も含めて)でも同様ですので、その他の類似の録音ツールでも事情は変わらないと思います。

山本@Tapur | URL | 2006年05月20日(Sat)13:03 [EDIT]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007年03月29日(Thu)23:41 [EDIT]


僕はネットを利用するときは一部のSNS以外では所属を伏せたままに遊んでいるのですが、世の中には記録マニアみたいな人もいるので、伏せているつもりでも気をつけないといけませんね。

出会い系で会った女性が後で少し被害妄想の気があるクレーマー的な人だったとわかったとき、その人が自分との通話をすべて録音していて、その人が自分で言うのとは異なり非情な詮索好きで、僕の身辺調査まがいの行動までしていたのが分かって不快な気分にさせられたことがありました。その人との関係が切れた今でも、その場限りのつもりで漏らした仕事の不満や弱音・人物評価などを、1テラバイトのHDD内にきっちり保存されて残っていることが不安だったりします。

普段からの会話をどういう場で利用されるともわからない不安というのは、弱い人間にとってはなかなか面倒ですよ。友達との会話まで録音するような人ばかりになると、テレビカメラの前の政治家なみに失言に注意しないといけないのかなとも思います。

昔の秘密警察とはまた違った形で、個々人の「いざというときの手段」を名目にした振る舞いから、リゾーム的な監視社会が編み上げられていくような気がします。既に僕は、「無駄口」をかなり減らしました。でも「もの言えば唇寒し」「口は災いの元」の世の中も息が詰まるなぁと思っています。

強制的な通知に賛成です。が、世の中通知機能のない録音ソフトもたくさん出ているのでしょうね。

LOCK-ON | URL | 2008年03月24日(Mon)09:49 [EDIT]


 

トラックバック